触媒式脱臭装置

触媒式脱臭装置は、排ガス中の可燃性物質やVOC、悪臭を、触媒を介して空気と接触させ酸化反応を起こし、無臭、無害化する方式です。 
可燃物質を発火点以上(700℃~800℃)に加熱し酸化反応を起こさせる直接燃焼式脱臭装置に比べ、この装置は発火点以下の低温度(300℃~350℃)で酸化反応を起こすことができるため、予熱のための燃費が1/3程度で済みます。
また当社の触媒式脱臭装置は、熱交換器を内蔵しており、一層の燃費の節約を図っています。さらに、追加の二次熱交換器を増設することにより、大幅な燃費の節約が可能です。

触媒式脱臭装置の特徴

  1. 高性能の白金系触媒を使用しており、高い脱臭効率を発揮します。
  2. 触媒を用いた低温度の燃焼のため、窒素酸化物の発生が少なく、低 NOx 運転です。
  3. 装置内の排ガス流路を負圧構造として、臭気のリークを防止しています。
  4. 装置が一体構造になっており、通過抵抗が小さく消費電力を抑える設計です。
  5. 送風機が本体内蔵型であるため、低騒音運転です。
  6. 高効率の熱交換器を内蔵しており、燃費節約型です。
  7. 触媒性能を十分に発揮させるため、処理ガス温度と濃度の均一化を図る送風システム構造となっています。
  8. 運転表示が分かりやすく、操作も簡単です。
  9. 触媒式脱臭装置には不適とされている、触媒毒となるシリコン(Si)やリン(P)等を含む排ガスに対しては、微量であれば前処理剤を配置することにより対応が可能です。
  10. 蓄熱式脱臭装置と比べ設置面積が小さく、設備がコンパクトで重量も軽いので、初期コストが安価です。

触媒式脱臭装置の一覧